弊社では常時、焼却炉のアップグレードを行っています。

お客様の声に耳を傾け、より良い焼却炉作りを今後も続けていきますので、ご使用中の方はご意見ご感想をお待ちしております。

〇今回の変更点
1.遮蔽板、吸い込み煙突、甲冑が炎にあたる部分は全て外枠(鉄、ステンレス)を取り、耐火キャスターのみなるように変更しました。
2.遮蔽板、吸い込み煙突、甲冑の素材を1,300℃から1,600℃へ変更しました。また、ステンレスファイバー(SUS304で出来た細く短い線)をたくさん入れることで独立しても同じ形状を維持します。

SC360シリーズ改善点

» 「SC600シリーズ」の詳細はこちら