Q)どこに特徴がありますか?

A)
1)耐火煉瓦の逐熱作用により内部に熱を反射しますから内部温度を高め燃焼効率を上げます。
また、外部に熱を放熱しにくくなっています。
2)二次燃焼室が本体の上部に有り、送風で旋回させたエアーにより、そこで再燃焼します。
3)停止温度の設定でき、温度によるバーナー制御が出来ます。
4)二重扉になっていますので、燃焼中の再投入が可能です。
5)未燃ガスの沈殿によるバックファイヤーが起き難くい構造になっています。
6)本体燃焼室内の4面角に送風管を設けて、燃焼物の燃焼をあおります。
7)本体内の送風の制御が調整レバーででき、あおり加減を調整できます。
8)一度温度が上がり100℃以下になりますと、燃え終わりと認識し全ての制御を停止し電源も落ちます。

Q)灯油バーナーの利点は?

A)
1)バーナー着火は手動と自動の方法を選択できます。
2)自動にしますと設定温度(800℃)まで燃焼しています。
3)バーナー着火後に、燃焼物に着火しますと400℃まで上がればバーナーを止めて、送風だけでも煙が出なくなります。

Q)耐久性は?

A)内部は耐火煉瓦ですので耐火セメントに比べ木を投げて投入しても削れにくくなっていますが、耐火煉瓦に当てるように燃焼物を入れると割れる事もあります。
熱による崩れ及び耐磨耗性も他の材質よりあります。