#購入 | アナログシステム

Tag: #購入

第22回 助燃装置について

アナログシステム有限会社の若林です。
今回のテーマは助燃装置についてです。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律の中に、「燃焼ガスの温度を保つために必要な助燃装置が設けられていること。」とあります。
一般的な助燃装置は灯油バーナーを使う会社が多いです。
それは北海道から沖縄まで灯油が容易に入手でき、輸送もポリタンクですることができるため、灯油バーナーを採用する会社が多いそうです。

弊社の600シリーズも助燃装置は灯油バーナーを使っており、灯油タンクも付属しています。
300シリーズはというと、こちらはプロパンバーナーを採用しています。
なぜ機種によって助燃装置を変えているかというと、ズバリ値段です。
灯油バーナーは安く買えても約6万円+灯油タンク約1.5万円です。
その点、プロパンバーナーはお客様がボンベ、充填をしてもらう代わりに約1.5万円でトーチを購入可能です。
約6万円の差が出てしまうため、性能・コスパに優れた300シリーズでは値段に反映されてしまうため、断念した経緯があります。

実際、プロパンバーナーで困ったことはなく、燃焼開始の際に着火用としても使うことができ、弊社の焼却炉はそこまでバーナーの力を必要としないのもあるかもしれません。

ご要望があれば300シリーズに灯油バーナーを付けたり、600シリーズにプロパンバーナーを付けることが出来ますので、お気軽にお問い合わせください。

第21回 ネットからの購入について

アナログシステム有限会社の若林です。
本日のテーマはECサイト(ネットショッピング)からの購入についてです。

弊社の焼却炉は大きく分けると①直接販売②代理店から購入③ECサイト(Amazon、楽天市場、ヤフーショッピング、ヤフオクなど)から購入可能です。
②代理店から購入の場合、弊社HPや③ECサイトからでは購入できない特別な機種もご用意しています。

最近のECサイトは多種多様になっており、同じ商品でも値段や送料、販売体系が異なっています。
ここのサイトでは翌日発送してくれたのに、あっちのサイトでは1週間待ちなんてことがあったりします。
弊社もECサイトごとに違う手数料を計算して値段設定をしているため、お客様にご不便をおかけすることがあります。
ブログだから言いますが、手数料分もったいないので、直接お電話いただけたら手数料分差し引いて再計算させていただきますよ。
面倒だからECサイトで購入するというお客様はご要望だけでもいいので、お電話いただけたら納期や仕様変更も承ります。

焼却炉という特殊なものを販売していますので、お電話やメールをいただけたら設置前に問題や間違いに気が付きやすくなりますので、最初にご連絡お待ちしております。

第18回 政令指定都市にお住いのお客様へ

アナログシステム有限会社の若林です。
今回のテーマは小型焼却炉(届出不要)を政令指定都市に設置する場合の対応についてです。

東京都は全ての焼却炉が設置出来ませんが、それ以外にも設置が出来ない自治体が存在します。
特に多いのが政令指定都市にお住いのお客様です。
焼却炉の法律では県が産業廃棄物を管理していることになっているため、県条例などを確認させていただいていますが、政令指定都市だけは独自に条例で管理することになっています。
そのため、兵庫県は大丈夫だけど神戸市はダメ。など設置がしにくい自治体もございます。

小型焼却炉の設置をご検討される場合、まずは弊社までお問い合わせいただき、独自の条例があるかを確認させていただけると嬉しいです。
購入に前向きになっていただいていたのに、条例があって設置が出来ませんでした。では、お互い落胆してしまうので、こうゆうことは早めに確認させていただけると助かります。

設置できるかの確認だけでもお調べします。
宜しければお問い合わせください。

第6回 沖縄納品編

アナログシステム有限会社の若林と申します。

今回は沖縄の代理店さんが展示用焼却炉を購入していただいたので、そちらの梱包の様子をアップさせていただきました。
沖縄の産業廃棄物事情をお聞きしていると、焼却炉の導入は必須なのかな?と思いますが、焼却炉を導入してはいけないと思っているお客様が多いので、今回は展示会を兼ねて納品のお手伝いに沖縄に行く予定です。

展示会は日付が決定次第ご連絡させていただきますので、沖縄にお住いの社長はじめ従業員の方は御社の経費削減の一貫として、焼却炉の導入をご検討お願い致します。
ご質問もお待ちしております。

また展示会の日付が確定したらお知らせいたします。