Q)焼却炉は、使用してもいいのですか?

A)法律に則った物なら、使用可能です。
ダイオキシンが猛毒性が有ると騒がれた頃に各市の対応がまちまちになり、一時使用してはいけませんと言われた地域がありますが、今では国の法律が出来て法律に則った格好ならよくなりました。

Q)使っていたら、市から使ってはいけないと言われたのですが・・・

A)新しい法律が施行されて、それに則った格好なら使用してもよくなりました。
平成14年12月から施行された構造規準に対応してない焼却炉は、全面使用禁止になりました。
お使いの焼却炉の大きさが、火格子面積0.5㎡以上と火格子面積0.5㎡以下で2種類の構造基準に分かれます。

Q)灰の処理方法をどのようにしたらよいでしょうか?

A)灰は木と紙、ダンボールは堆肥灰になります。
ビニール、プラスチック類は有害灰になりますから、それだけ木系と分けて焼却すれば産廃で処理してもらう量が減ります。
①木材60Kgですと、灰の量900g、残灰率 1.5{7f474b70ee49711a1a5c9bfdf3ac877dd6dd860a525b645017a55a49db787df5}
②ダンボール類30Kgですと、灰の量2500g、残灰率 8.3{7f474b70ee49711a1a5c9bfdf3ac877dd6dd860a525b645017a55a49db787df5}
③ビニール類15Kgですと、灰の量150g、残灰率 1{7f474b70ee49711a1a5c9bfdf3ac877dd6dd860a525b645017a55a49db787df5}
上記の値は、自社の焼却炉でそれのみ焼却処理した時の数値です。

Q)投入方法の違いは?

A)二重扉・・・・燃焼中に外気と遮断された状態で、投入する方法
ワンバッチ方式・・・最初に一度投入したら温度が下がるまで再投入をしない方法

Q)ダイオキシンの発生を少なくするには、どうしたらいいでしょうか?

A)燃焼中の不完全燃焼ガスが炉近辺で混ざり合って発生する混合ガス物で、ひとつは未燃ガス及び煙の発生を少なくするようにするのが大事です。
そのなかでも、塩化ビニール類は、熱分解で分解しにくい塩素ガスが発生しますから燃焼は避けるようにして下さい。
塩化ビニール類は法律で燃やしてはいけないことになっています。

Q)着火した時に煙が出やすいのですが・・・

A)着火時は、温度が低いので煙が炉内で発生してもそれを再着火するまでには至らなくて発生してしまいす。その時は炉の上面をプロパンバーナーで煙に着火してやると、煙が再燃焼し発生量が少なくなります。
木、紙くずなら温度が400℃以上に高くなりますと、再燃焼室内で再着火の機能が働くようになり、未燃ガスを再着火させますので、煙が出なくなります。