①現在の焼却炉は煙の少ない構造に変わってきています。
②産廃コストと焼却コストを比較すると1/3安く、ストック場所も最小限で済みます。
③新しい法律の構造基準に則った焼却炉なら、使用できないとは言われる事もありません。
④灰の処理だけ頼めば安く済みます。


処理経費比較

1ヵ月の廃棄物処理経費を比較してみましょう。(自社調べ)

産業廃棄物処理(委託)費建築系(廃プラ含む)型枠系(木材のみ)
1日のゴミの量100kg/日150kg/日
1ヵ月(20営業日)のゴミの量2,000kg/月3,000kg/月
月間処理代(単価50円/kg)
運搬費、設置費含む
100,000円
軽量混合廃棄物(廃プラ、ゴム、ビニール、木など)
150,000円
木、ベニア、合板、化粧板など(面木付着)
年間処理代1,200,000円1,800,000円

焼却処理費建築系(廃プラ含む)型枠系(木材のみ)
年間処理代338,000円470,000円
1ヵ月のゴミの量2,000kg/月3,000kg/月
240kg/回で焼却処理9回/月焼却13回/月焼却
処理代(電気、灯油代含む、人件費含まず)(2,000円/回)18,000円/月26,000円/月
燃え殻年間処理費用
(燃え殻処理費:単価100円/kg)
(成分分析費:50,000円/回含む)
122,000円/年158,000円/年

処理費用の差額建築系(廃プラ含む)型枠系(木材のみ)
産業廃棄物処理(委託)費1,200,000円/年1,800,000円/年
焼却処理費338,000円/年470,000円/年
年間費用差額862,000円/年1,330,000円/年
SC600AB本体価格(割引前)2,180,000円2,180,000円

※お客様の処理の仕方、気候条件など様々な要因で上記表の値は変化します。
 あくまでも弊社の独自調べでございます。

灰の適正処分のお願い

■燃え殻、ばいじん
焼却灰、燃え殻は処理業者に委託する場合は、処理業者の指示に従ってください。
また、各自治体の法律に従ってください。
成分分析が必要でない場合など、委託する処理業者によって上記の金額は変動します。
※弊社で処理業者のあっせんは行っておりません。